専門医院でほくろを除去してもらおう【治療方法を大公開】

ほくろを除去するために

女の人

ほくろ除去には様々な方法がありますが、最も人気がある方法が「レーザー治療」です。治療には時間がかかりますが、肌への負担が少なく、傷跡も小さく残りにくいことが特徴です。特に顔のほくろは専門医による治療をお勧めします。

目的に合わせて選ぼう

カウンセリング

除去したいほくろの位置やサイズ、目的によってクリニックを選択するようにしましょう。施術に関する費用をできるだけ安く抑えたい場合には、健康保険が適用できるかどうか、予約の際など事前に確認しておくと安心です。

自分で取るか病院で取るか

レディ

病院で取るならレーザー

顔に目立つほくろがあると憂鬱になってしまうので、大きなものは何とかしたいと考えるでしょう。また、ほくろはシミと違って化粧で隠すことが難しいため、除去する方法もあります。除去するには自分で除去する方法と病院で除去する方法があり、自分で取る場合にはもぐさで取る方法、クリームを使う方法、カソーダで取る方法があります。小さいく色が薄いものならこのような方法で取る事ができますが、ほくろ以外の部分を傷つける可能性が高く、何かトラブルが起きても自己責任になります。病院で取る場合には皮膚科、美容外科、美容皮膚科などで施術を受ける事ができ、エステサロンでは施術を受ける事はできません。病院でのほくろ除去はそれほど難しい施術ではないので、短時間で傷跡を残さずきれいに取り除く事ができます。病院での施術方法も様々ですが、レーザー治療が一般的な方法で炭酸ガスレーザー、Qスイッチレーザーがあります。人よってレーザーが適さない場合がありますが、その際にはメスでくりぬく方法、切除+縫合で取る方法があります。病院で取るにはレーザーが一般的できで、ほくろに軽い火傷を負わせるためにレーザーを照射します。施術の痛みはほくろの大きさによって異なり、大きな場合には麻酔を使って施術する事が可能です。レーザーを照射した後はステロイド剤を塗りテープで保護します。ほくろもシミ除去と同じように傷が落ち着いてきたらまたレーザーを照射し、治療を何度か繰り返します。病院で除去する場合には費用がかかりますが、2〜3?程度のほくろをレーザーで取るには1万円が相場になります。また、1?大きくなるごとに5千円〜1万円加算する病院が多いです。さらに初診料、消毒、薬などの費用がかかりますが、美容目的で除去する場合には保険が適用されない場合が多いです。保険の適用でレーザー治療を受ける事もできますが、医療機関によって保険の適用条件が決まっているため、治療をする前に確認しておくといいでしょう。自分で取るする人もいますが、顔のほくろは失敗がゆるされないため、安全に除去するなら病院で除去するのが最善の方法です。

ほくろ治療の豆知識

ウーマン

ほとんどのほくろはレーザー治療で手軽に消去できます。良性のほくろの場合は美容外科クリニックなどで除去できて、医療費は自己負担です。悪性と診断された場合は、一般皮膚科などの病院で保健診療でほくろ除去ができます。

クリニック選びが重要です

ドクター

ほくろの除去では炭酸ガスレーザーが多く使われています。それに加えて、きれいに除去するためには経験や技術も必要であり、導入されている機器もチェックして決めることが大切です。そして、電話以外にもホームページから行うと問い合わせもできて便利です。

ほくろのレーザー治療

看護師

クリニックのほくろ除去で使用されているのがレーザーです。消したい部分にレーザーを照射して熱でほくろのメラニンを分解してきれいに焼き切ります。直径が小さいタイプのほくろなら一回の治療で消すことができます。