専門医院でほくろを除去してもらおう【治療方法を大公開】

  1. ホーム
  2. クリニック選びが重要です

クリニック選びが重要です

ドクター

方法を調べておく

ほくろには大きいものから小さいものなどがあり、コンプレックスに感じている人が多いです。そのため、できるだけきれいに除去したいのですが、皮膚の状態やほくろの種類によって方法を選ぶことが大切です。まずは、一般的な方法としては炭酸ガスレーザーを使うがあります。この方法では、局部麻酔をした後に炭酸ガスレーザーを使って除去していきます。もちろん、麻酔をしているため痛みは感じないため安心して行うことができます。ちなみに、炭酸ガスレーザーは1cm未満の大きさのほくろに適しています。1cm以上になると手術をするほうが確実に取ることができます。そして、炭酸ガスレーザーには技術が必要なため、いろいろなクリニックを調べて実績があるところを選ぶことが重要です。ちなみに炭酸ガスレーザーでも手術でも術後のケアが重要です。施術を受けた後は傷になっていて、数週間は目立ってしまうためケアが重要です。飲み薬や軟膏を使うことによって徐々に傷が治っていきます。そして、大体2カ月ほどすると気にならないくらいまできれいにできます。この部分で仕上がりが変わってくるため、アフターケアやフォローの内容なども加味してクリニックを選ぶことが大切です。実際にほくろの除去をする時には、複数のクリニックを比較することが大切です。ポイントになるのが、いろいろな機器を用意しているかどうかと、実績と技術があるのかをチェックします。機器に関して一般的なのが炭酸ガスレーザーですが、クリニックによって使われている種類が異なるため特徴も見ておく必要があります。それに加えて、費用がどの程度かかるのかもホームページなどで確認をすることが大切です。例えば、直径2mmほどであれば7000円ほどになります。この費用にはカウンセリング料金と施術費用となっていて、別途アフターフォローの料金が必要な場合もあります。そのため、その点も含めて確認をすることが必要です。そして、実際に予約をするのですが、ほくろの種類によって使う機器や料金が異なるため、予約を入れて問診を受ける必要があります。申し込み方法としてはクリニックのホームページより行えるところが多く便利です。それ以外にも、電話でも受付をしているところがあります。そして、ホームページでも電話でも、除去するにあたって気になる部分があるときには確認をしておくことが必要です。