専門医院でほくろを除去してもらおう【治療方法を大公開】

  1. ホーム
  2. ほくろを除去するために

ほくろを除去するために

女の人

ほくろの種類と除去の方法

腕や背中など、体にあるほくろはそれほど気になるものではないかもしれませんが、顔にあるものはそうではありません。特にふくらみがあるものや大きなものが顔にあると、他人の視線が気になってしまい、大きなコンプレックスになることもあります。ほくろの多くは無害なものであることが多いのですが、害の有無にかかわらず、除去したいと考える方も少なくないでしょう。ほくろにはどのような種類があり、またほくろ除去の方法にはどのようなものがあるのでしょうか。ほくろの正式名称は、「色素性母斑」「母斑細胞母斑」といいます。メラニン色素を有する細胞が増殖することにより生じるものです。「メラニン色素」という言葉を耳にしたときにシミを連想する方も多い事でしょう。ですが、両者には明確な違いがあります。どちらも紫外線を大量に浴びることにより発生しやすくなる、という点では同様ですが、シミは色素が沈着した状態であり、ほくろとはまた異なるものなのです。シミとは異なり化粧品や服薬などでのほくろ除去はできません。ほくろ除去の方法は、民間療法と美容外科クリニックなどによる施術に大きく分けられます。小さいほくろであれば自力での除去も可能ですが、すべて自己責任です。肌を傷つけてしまう危険性もありますので、専門医を頼るほうが確実であるといえるでしょう。専門のクリニックによるほくろ除去法の代表的なものといえば、「レーザー治療」ではないでしょうか。ほくろにレーザーを照射することで軽いやけどを起こし、除去する方法です。ほくろの大きさや色の濃さなどにより治療にかかる期間は変わってきます。治療期間はかかりますが、傷跡がごく小さいものであるというメリットがあります。レーザー治療にも様々な種類が存在し、ほくろの大きさや種類によって効果的なものも変わります。ですが、すべてのレーザー除去法にいえることは、メスで患部をくりぬいて除去する方法よりも体への負担が小さく、傷跡も残りにくいことです。また、医療機関で行う施術であるため、自分で行う民間療法のように肌を大きく傷つけてしまったり、やけどを負うなどのリスクを背負ったりすることもありません。この点からも近年のレーザー治療人気がうかがえます。